表紙 > 和本画像文庫 > 江戸時代の夢占い『夢合長寿鑑絵抄』 > 絵で楽しむ夢占い(20)


絵で楽しむ夢占い(20)

図中の赤丸の番号は、読み下しの番号に対応しています。また、画像をクリックすると、大きな画像をご覧いただけます。
なお、翻刻文は こちら です。

夢占い,夢合長寿鑑絵抄

馬(うま)の夢

(1)庭前に馬舞うと見れば、火の祟りあり。慎むべし。
(2)馬に銭を負わせると見れば、家督に離るることあり。
※家督に離るる=家の財産や遺産から縁遠くなることか。
(3)馬に鞍置くと見れば、相談ごとととのいて大いに良し。
(4)白き馬に乗ると見れば、大吉なり。立身出世すべし。
(5)馬繋ぎたりと見れば、商いにて利を得るなり。
(6)馬を走らすると見れば、相場のことなどは大いに損あり。

僧侶(そうりょ)の夢

(7)僧尼来たりて経を読むと見れば、病を受くるなり。
(8)我が身僧となると見れば、病退(しりぞ)き達者になるなり。

鼻(はな)の夢

(9)鼻高くなると見れば、凶なり。揉めごと絶えず大いに苦労多し。

鶏(にわとり)の夢

(10)鶏明日を告ぐると見れば、大いに吉事なり。かねてよりの願望成就すべし。
※明日=朝のこと。
(11)鶏屋根の上へ上がると見れば、口説ごとあり。慎むべし。
※口説=言い争いのこと。

烏(からす)の夢

(12)烏群がり飛ぶと見れば、幸い来たる吉相にして大いに良し。

朝日(あさひ)の夢

(13)朝日出ずるを拝むと見れば、子孫栄え繁盛すべし。

神事・祭礼(しんじ・さいれい)の夢

(14)神事祭礼を見れば、必ず幸い来るなり。
(15)神前に幣を奉(ささ)ぐると見れば、貴人に用いられ、芸能に誉れ得るとなり。

←前のページ | 次のページ→
inserted by FC2 system