表紙 > 和本画像文庫 > 江戸時代の夢占い『夢合長寿鑑絵抄』 > 絵で楽しむ夢占い(2)


絵で楽しむ夢占い(2)

図中の赤丸の番号は、読み下しの番号に対応しています。また、画像をクリックすると、大きな画像をご覧いただけます。
なお、翻刻文は こちら です。

夢占い,夢合長寿鑑絵抄

雲(くも)の夢

(1)五色の雲四方に出ずると見れば、一切のことに徳ありて幸い多し。
(2)雲青く白し(青い雲が白くなる)と見れば、凶(あし)し。
(3)赤く白し(赤い雲が白くなる)と見れば、万事に良し。
(4)雲にわかに星を隠すと見れば、必ず不義いたずらのことあるべし。慎むべし。
(5)雲霧わが身を包むと見れば、大いに良し。
(6)黄なる雲を見れば、喜びごとあり。
(7)又浮雲あるとみるも、思いごと叶うなり。

土(つち)の夢

(8)土を取りて家に帰ると見れば、大いに金銀を儲けることありて大いに良し。
(9)土のかたまり人に与うると見れば、万(よろず)に幸いあり。
(10)人土を持って家に来たると見れば、喜びごとあり。
(11)街道の土高しと見れば、大いに悪しく病(やまい)本復(ほんぷく)せず。
※本復=病気が全快すること。

水(みず)の夢

(12)流るる水、身をめぐると見れば、いさかいごとあり。
(13)溝川の水の流るるを見れば、命長し。

←前のページ | 次のページ→
inserted by FC2 system