表紙 > 和本画像文庫 > 道歌の本『童子重宝 以呂波歌教訓鑑』 > 全文紹介Bこ〜す・京


道歌の本『童子重宝 以呂波歌教訓鑑』全文紹介Bこ〜す・京


【あ】 【て】 【え】 【こ】

【こ】こうへんへごくらうかけなすみやかに とせいをすれバおやもまんぞく
〔公辺へ御苦労掛けな速やかに 渡世をすれば親も満足〕

【え】えたることしよくをだいしにきハめつゝ げいのうゆさんぶんにしたがへ
〔得たること職を大事に極めつつ 芸能遊山分に従え〕

【て】てにとれぬつきをてにとるおやのおん ししやうのおんをかねてしるべし
〔手に取れぬ月を手に取る親の恩 師匠の恩をかねて知るべし〕

【あ】あさましいものとわがみをひきくらべ おやのおんをばかねてわするな
〔浅ましい者と我が身を引き比べ 親の恩をばかねて忘るな〕


【め】 【ゆ】 【き】 【さ】

【さ】さけのミがさけにのまるゝよのならひ のまれぬやうにのむがさけのミ
〔酒飲みが酒に飲まるる世の習い 飲まれぬように飲むが酒飲み〕

【き】きけんよくわらふてくらすそのいゑに ふつきのさうぞあらハれにけり
〔機嫌良く笑うて暮らすその家に 富貴の相ぞ現れにけり〕

【ゆ】ゆくすへをまもりたまふハおやのおん わすれぬやうにかう〓〓をせよ
〔行く末を守り給うは親の恩 忘れぬように孝行をせよ〕

【め】めのまへにくびのおちるをしりながら ぬすびとするハおのがみしらず
〔目の前に首の落ちるを知りながら 盗人するは紅裏身知らず〕


【ひ】 【ゑ】 【し】 【み】

【み】みのうへにうきしづミあるよのならひ ひんなるときにしんぼうをせよ
〔身の上に浮き沈みある世の習い 貧なる時に辛抱をせよ〕

【し】しんでからほとけになるをまたずとも いきあるうちによきひとになれ
〔死んでから仏になるを待たずとも 息あるうちに良き人になれ〕

【ゑ】ゑようしてゑいぐわにくらすそのひとの ゆくすへをみよかミこいちまい
〔栄耀して栄花に暮らすその人の 行く末を見よ紙子一枚〕

【ひ】ひハもへるミづハながるゝかぜハちる ひとハしぬるとかねてしるべし
〔火は燃える水は流るる風は散る 人は死ぬるとかねて知るべし〕


【京】 【す】 【せ】 【も】

【も】もみうらのこそできてからつゞれきる かほのあかさがおもひやらるゝ
〔紅裏の小袖着てから綴れ着る 顔の赤さが思い遣られる〕

【せ】せうじんにさかなくハぬがせうじんか けんくわをするなせつしやうすな
〔精進に魚食わぬが精進か 喧嘩をするな殺生をすな〕

【す】すてられてせいじんしてもおやのおん かねてわすれなおのがみのため
〔捨てられて成人しても親の恩 かねて忘れな己が身のため〕

【京】きやうあつてあすないものハふたおやぞ たいせつにせよかう〓〓にせよ
〔今日有って明日無い物は二親ぞ 大切にせよ孝行にせよ〕


inserted by FC2 system