表紙 > 和本画像文庫 > 道歌の本『童子重宝 以呂波歌教訓鑑』 > 全文紹介Aれ〜ふ


道歌の本『童子重宝 以呂波歌教訓鑑』全文紹介Aれ〜ふ


【ね】 【つ】 【そ】 【れ】

【れ】れうけんをすれバそのみのとくなるぞ がまんをすれバみをがいすもの
〔了簡をすればその身の徳なるぞ 我慢をすれば身を害すもの〕

【そ】そろばんのけたにはづれしたわけもの わつてあわせてこゝろしらべよ
〔算盤の桁に外れし戯け者 割って合わせて心調べよ〕

【つ】つとめがらよけれバしうもよろこびて またたいせつにするハことわり
〔勤め柄良ければ主も喜びて また大切にするは理〕

【ね】ねざめにもおやのこゝろをやすめかし かならずおやにくらうかけなよ
〔寝覚めにも親の心を休めかし 必ず親に苦労掛けなよ〕


【う】 【む】 【ら】 【な】

【な】なぐさみもみのほど〓〓にひきくらべ たのしみすぎてくるしみをする
〔慰みも身の程々に弾き比べ 楽しみ過ぎて苦しみをする〕

【ら】らくじんをみてはたらけよせいだせよ またらくじんになるとしらずや
〔楽人を見て働けよ精出せよ また楽人になると知らずや〕

【む】むかしからすたらぬふうをみならへよ とうせいふうハいやしかりけり
〔昔から廃らぬ風を見習えよ 当世風は卑しかりけり〕

【う】うか〓〓とうきよをくらすそのひとの おひてののちをおもひやるてハ
〔うかうかと浮き世を暮らすその人の 老いての後を思いやりては〕


【く】 【お】 【の】 【ゐ】

【ゐ】ゐろふかきはなもあらしにちるならひ わがみもやがてちるとおもへバ
〔色深き花も嵐に散る倣い 我が身もやがて散ると思えば〕

【の】のちのよもこのよもおなしごくらくよ ぢごくへゆくな よきひとになれ
〔後の世もこの世も同じ極楽よ 地獄へ行くな良き人になれ〕

【お】おとなしきひとハそのみのくハほうぞや きうりきられるひとぞかなしき
〔大人しき人はその身の果報ぞや 久離切られる人ぞ悲しき〕

【く】くちおしいむねんといかるいきほひを かぎやうのたしにするがかんじん
〔口惜しい無念と怒る勢いを 家業の足しにするが肝心〕


【ふ】 【け】 【ま】 【や】

【や】やかましういふハわがこのためなるぞ かう〓〓なこハよろこんできけ
〔喧しう言うは我が子のためなるぞ 孝行な子は喜んで聞け〕

【ま】まてしばしあくしをやめてしあんせよ よきことならバはやくとゝのへ
〔待て暫し悪事を止めて思案せよ 良き事ならば早く整え〕

【け】けんどんとじやけんをやめてかう〓〓を だいちちにするひとぞひとなり
〔慳貪と邪険を止めて孝行を 第一にする人ぞ人なり〕

【ふ】ふかうするひとハこのよのすたりもの ゑのきのこゑとなるハことハり
〔不孝する人はこの世の廃り者 榎の肥となるは理〕


inserted by FC2 system