表紙 > 和本画像文庫 > 道歌の本『童子重宝 以呂波歌教訓鑑』 > 全文紹介@い〜た


道歌の本『童子重宝 以呂波歌教訓鑑』全文紹介@い〜た


【に】 【は】 【ろ】 【い】

【い】いつまてもたしなみおけよいろはうた よむたびごとにものとくとなる
〔いつまでも嗜みおけよいろは歌 読むたび毎に身の徳となる〕

【ろ】ろもかいもいらずみわたるよハたりを わたりかねたるみこそかなしき
〔櫓も櫂も要らずに渡る世渡りを 渡り兼ねたる身こそ悲しき〕

【は】はたらいてかねをもふけてくらたてゝ またはたらきどやとふみになれ
〔働いて金を儲けて蔵建てて また働きど雇う身になれ〕

【に】にくからぬわがこしかるハちやうめいの くすりあたゑるおやのじひかな
〔憎からぬ我が子叱るは長命の 薬与える親の慈悲かな〕


【ち】 【と】 【へ】 【ほ】

【ほ】ほめられてわれかしこいとおもふなよ まことにほめるひとぞすくなし
〔褒められて我賢いと思うなよ 真に褒める人ぞ少なし〕

【へ】へいぜいのみもちほうらつなるひとハ おやのかとくをついにうしなふ
〔平生の身持ち放埒なる人は 親の家督をついに失う〕

【と】とにかくにおやハいきたるかミほとけ ふかうにすれバばちハめのまへ
〔とにかくに親は生きたる神仏 不孝にすれば罰は目の前〕

【ち】ちるはなをたのしむ人ぞあハれなり わがみのちるをしらぬはかなさ
〔散る花を楽しむ人ぞ憐れなり 我が身の散るを知らぬ儚さ〕


【を】 【る】 【ぬ】 【り】

【り】りつしんをするともみをばたかふるな おちたるときにひとぞわらハん
〔立身をするとも身をば高ぶるな 落ちたる時に人ぞ笑わん〕

【ぬ】ぬすみするひとハなんぎがかさなれど とられるひとのいゑハはんじよう
〔盗みする人は難儀が重なれど 盗られる人の家は繁盛〕

【る】るろうするひとにハなさけかけてやれ わがみのほともしれぬものなり
〔流浪する人には情け掛けてやれ 我が身の程も知れぬものなり〕

【を】をのがみをそだてあげたるおやのおん わすれぬようにかう〓〓とせよ
〔己が身を育てあげたる親の恩 忘れぬ様に孝行をせよ〕


【た】 【よ】 【か】 【わ】

【わ】わがかしよくたいせつにしてせいだせバ おやもよろこぶみもらくになる
〔我が家職大切にして精出せば 親も喜ぶ身も楽になる〕

【か】かねもちをうらやむひとハたわけもの せいさへだせバかねもちになる
〔金持ちを羨む人は戯け者 精さえ出せば金持ちになる〕

【よ】よこしまをいハずにすぐによをわたれ わたりかねてハしづむうきよぞ
〔邪を言わずにすぐに世を渡れ 渡りかねては沈む浮き世ぞ〕

【た】たんきにハにごりをさしてしあんせよ だんぎをきけバみのとくとなる
〔短気には濁りを挿して思案せよ 談義を聞けば身の徳となる〕


inserted by FC2 system