表紙 > ウェブ古文書講座 > 明治時代の教科書『書牘』を読む > 売米預り証文


売米預り証文(明治時代の教科書『書牘』を読む)

教材(PDFファイル)

読み下し

右の米、貴殿に売り渡し、代金受け取り候ところ実正なり。即刻御引き取りなさるべきところ[馬・舟]差し支えに付き、当分拙者方に預り置き申し候。何時にても、御都合次第、この証書と引き換えあい渡し申すべく候、後日のため、証書差し入れ候なり。

意味や用法の注解

・米何石(コメナンゴク)
玄米白米ト書キワケルヲヨシトス

読み方と類語の注解

・代金
【類語】価額(カガク)ノ金員(キンイン)
・即刻御引取(ソクコクオヒキトリ)
【類語】即時御携退(ソクジゴケイタヰ)
・[馬・舟]差支(ムマフネサシツカヘ)
【類語】馬(ムマ)(舟・車)(フネ・クルマ)ノ事故(ジコ)アリテ運輸(モチハコビ)イタシ難(ガタ)キニ付
・預置(アヅカリヲキ)
【類語】領置(レウチ)
・御都合次第(ゴツガウシダイ)
【類語】御便宜(ゴビンギ)ニ任(マカ)セ※読みは原文通り。
・引換(ヒキカヘ)
【類語】交換(カウクワン)

inserted by FC2 system