表紙 > ウェブ古文書講座 > 明治時代の教科書『書牘』を読む > 地所売渡手付金受取証文


地所売渡手付金受取証文(明治時代の教科書『書牘』を読む)

教材(PDFファイル)

読み下し

これは何大区何小区何町何番地、売り渡し候定約にて、本価何千円の内手付
右拙者所持の地所、この度(たび)貴殿に売り渡し候対談あい済み、かつて書き替え願い置き候地券、御渡しにあいなり候まで、証拠として、書面の手付金受け取り申すところ実正なり、後日のため、証書差し入れ候なり。

読み方と類語の注解

・地所売渡手附金請取証文(ヂシヨウリワタシテツケキンウケトリシヨウモン)
【類語】地券売買契約金領受之証(チケンバヰバヰケヰヤクキンレウジユノシヨウ)
・何千円之内手附(ナンゼンヱンノウチテツケ)
【類語】何千円之内契約金トシテ領受(レウジユ)全金受納之(ナウノ)上返却(ヘンキヤク)可致之約(ノヤク)也
・所持(シヨジ)之地所(ジシヨ)
【類語】所有(ユウ)之地(チ)
・売渡候対談相済(ウリハタシタイダンアヒスミ)
【類語】売与候事(ウリアタヘソロコト)ニ議定(ギテイ)
・書替(カキカヘ)
【類語】地主名義変更(チシユメイギヘンカウ)※読みは原文通り。
・御渡(オンワタシ)
【類語】下付(カフ)
・証書さし入候也
【類語】其証書如斯候也
・売渡人(ウリワタシニン)
【類語】右地券(チケン)所有主(イユウシユ)
・証人
【類語】保証人(ほしようにん)

inserted by FC2 system