表紙 > ウェブ古文書講座 > 明治時代の教科書『書牘』を読む > 売渡証文


売渡証文(明治時代の教科書『書牘』を読む)

教材(PDFファイル)

読み下し

右の品、この度(たび)貴殿へ売り渡し、前書の代金受け取り申ところ実正なり、もしこの品に付き、何様の儀出来候とも、拙者罷り出で、急度申し披(ひら)き、聊(いささか)も御煩労あい懸け申す間敷(まじく)候。後日のため証書差し入れ候なり。

読み方と類語の注解

・売渡(ウリワタシ)
【類語】売付(バヰフ)・売却(バヰキヤク)
・前書(ゼンシヨ)
【類語】券面(ケンメン)
・代金(ダヰキン)
【類語】価額(カガク)
・何様之儀(ナニヤウノギ)
【類語】万一事故(マンイチジコ)
・罷出(マカリイデ)
【類語】出頭(シユツトウ)
・急度(キツト)
【類語】速(スミヤカ)ニ
・申披(マウシヒラキ)
【類語】弁解(ベンカヰ)
・煩労(ハンロウ)
【類語】迷惑(メヰアク)※読みは原文通り。

inserted by FC2 system