表紙 > ウェブ古文書講座 > 明治時代の教科書『書牘』を読む > 取引約定証文


取引約定証文(明治時代の教科書『書牘』を読む)

教材(PDFファイル)

読み下し

今度、何品幾[包・箱]何貫何拾目のに付き、何拾円替えの相場を以て、貴殿より買い入れの約定いたし、その手付金として何円あい渡し申し候。全金の儀は、来たる何日までに持参、品物に引き換えあい渡し申すべく候。もし右日限を越え候わば、手付金は流れとあいなり、品物勝手に他に御売り捌きなされ候共、一切故障の儀申し出で間敷(まじく)候。後日のため、約定証書差し入れ候なり。

意味や用法の注解

・流(ナガレ)と相成
無関係ト見俲(ミナ)シ返却致サズ

読み方と類語の注解

・取引(トリヒキ)
【類語】売買(バヰバヰ)
・今度(コンド)
【類語】今回(コンクワヰ)・方今(ハウコン)
・何拾円替(ナンジウヱンガヘ)
【類語】何拾円相当(ナンジウヱンサウトウ)
・相場(サウバ)
【類語】時価(ジカ)
・買入(カヒイレ)
【類語】買賖(バイヨ)※代金を後払いにして品物をやりとりすること。音読みは「バイシャ」が正しい。
・其手附金(ソノテツケキン)
【類語】其契約金(ソノケヰヤクキン)
・相渡(アヒワタシ)
【類語】交付(カウフ)
・全金(ゼンキン)
【類語】全額之金円(ゼンガクノキンヱン)ハ
・持参(ヂサン)
【類語】携帯(ケイタイ)
・引換(ヒキカヘ)
【類語】交換(カウクハン)
・相渡(アヒワタ)し
【類語】交付(カウフ)
・日限(ニチゲン)
【類語】期限(キゲン)
・勝手(カツテ)
【類語】自由(ジユウ)
・売捌(ウリサバキ)
【類語】販売(ハンバヰ)
・一切故障(イツセツコシヤウ)※読みは原文通り。
【類語】毛頭異論(マウトウイロン)
・約定証書
【類語】売買契約証書(バヰバヰケヰヤクシヨウシヨ)

inserted by FC2 system