表紙 > ウェブ古文書講座 > 明治時代の教科書『書牘』を読む > 土蔵借用証文


土蔵借用証文(明治時代の教科書『書牘』を読む)

教材(PDFファイル)

読み下し

右はこの度拙者所持の米積み入れのため、借用いたし錠鍵共受け取り申し候ところ実正なり。借用中一ヶ月謝金何円の約定にて、毎月二十八日限り、必ずあい納むべく候。後日のため証書差し入れ候なり、

読み方と類語の注解

・覚(オボヘ)
【類語】左券(サケン)
・土蔵(ドザウ)
【類語】土庫(ドコ)
・此度(コノタビ)
【類語】今回(コンクハイ)
・所持(シヨジ)
【類語】所有(シヨウ)※読み方は原文通り。
・積入(ツミイレ)
【類語】蓄蔵(チクザウ)
・錠鍵(ヂヤウカギ)
【類語】管鑰(クワンヤク)
・受取(ウケトリ)
【類語】落手(ラクシユ)
・実正(ジツシヤウ)
【類語】確実(カクジツ)
・借用中(シヤクイヨウチユウ)
【類語】期限中(キゲンチユウ)
・約定(ヤクデウ)
【類語】契約(ケヰヤク)
・相納(アヒオサメ)
【類語】差入(サシイレ)・納金(ナウキン)
・為後日(ゴニチノタメ)
【類語】為後日異議無之(ゴニチイギコレナキタメ)
・証書(シヨウシヨ)
【類語】券書(ケンシヨ)・借用書

inserted by FC2 system