表紙 > ウェブ古文書講座 > 明治時代の教科書『書牘』を読む > 送り証文


送り証文(明治時代の教科書『書牘』を読む)

教材(PDFファイル)

読み下し

右運漕会社定便を以て積み送り候なり。その地着の上、この証書より引き合わせ、御落手なさるべく候。後日のため、証書差し入れ候なり。

読み方と類語の注解

・送(オク)り証文
【類語】輸送証(ユサウシヤウ)
・運賃(ウンチン)
【類語】賃銭(チンセン)
・定便(テヰビン)
【類語】定時便(テヰジビン)
・積送(ツミオク)り
【類語】輸送(ユサフ)・運輸(ウンユ)
・引合(ヒキアハ)せ
【類語】照会(シヤウクワイ)
・落手(ラクシユ)
【類語】領受(レウジユ)
・可被成(ナサル−)
【類語】可有之(コレアル−)
・後(ゴ)日のため、証(シヤウ)書差(サシ)入候也
【類語】右輸送証(ユサウシヤウ)如斯(カクノ)候也
・何某
【類語】荷主何某
・何某殿
【類語】受取人何某殿

inserted by FC2 system