表紙 > ウェブ古文書講座 > 明治時代の教科書『書牘』を読む > 為替証文


為替証文(明治時代の教科書『書牘』を読む)

教材(PDFファイル)

読み下し

右金請け取り申し候ところ実正なり。何地何町何丁目同社において、この証書と引き替え、前書の金御請け取りなさるべく候。後日のため、証書差し入れ候なり。

意味や用法の注解

・同社(ドウシヤ)
同社ノ字、成ルベクハ重複ヲ厭ハズ、何某社ト書スベシ。

読み方と類語の注解

・為替(カハセ)
【類語】兌換証券(ダクワンシヤウケン)
・覚(オホヘ)
【類語】記(キ)・証(シヤウ)・左券(サケン)
・正金(シヤウキン)
【類語】金貨(キンクハ)・銀貨(ギンクハ)
・金札(キンサツ)
【類語】紙幣(シヘイ)
・請取(ウケトリ)
【類語】領受(レウジユ)・落手(ラクシユ)
・引替(ヒキカヘ)
【類語】交換(カウカン)・兌換(ダクワン)
・前書(ゼンシヨ)の金(キン)
【類語】券面之金額(ケンメンノキンガク)・券額之金円(ケンガクノキンヱン)

inserted by FC2 system