表紙 > ウェブ古文書講座 > 明治時代の教科書『書牘』を読む > 預かり米証文


預かり米証文(明治時代の教科書『書牘』を読む)

教材(PDFファイル)

読み下し

右は拙者屋敷内何番土蔵へ積み入れ、預かり置き候ところ実正なり。御入用次第何時にても錠前あい明け(開け)申すべく候。後日のため、預かり証書差し入れ候なり。

意味や用法の注解

・米(コメ)
玄米・白米ヲ区別シ、或イハ美濃米・仙台米ト種類ヲ記スベシ。
・石(コク)
斛(コク)ト同シ。我邦ノ制ハ十合ヲ升トシ、十升ヲ斗トシ、十斗ヲ石トス。
・俵
三斗八升ヲ一俵トスルモノアリ。四斗ヲ一俵トスルモノアリ。故ニ此俵何斗何升入、合計何千俵ト記スベシ。

読み方と類語の注解

・預(アヅカ)り米(マヰ)
【類語】領置(レウチ)
・積入(ツミイレ)
【類語】搬入(ハコビイレ)
・預置(アヅカリオキ)
【類語】領置(レウチ)
・実正(ジツシヤウ)
【類語】確実(カクジツ)
・入用(ニフイヨウ)
【類語】需要(ジユイヨウ)
・錠前相明(テウマヘアヒアケ)
【類語】開錠(カヰデウ)
・為後日(コニチノタメ)
【類語】為後日異議無之(ゴニチイギコレナキタメ)
・差入候也(サシイレソロナリ)
【類語】記載(キサイ)候也・自記(ジキ)候也

inserted by FC2 system