表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 百人一首一覧


百人一首一覧

小倉百人一首の一覧です。3行目は歴史的仮名遣いによる読み方です。
左側の画像をクリックすると、各句のページへジャンプします。

天智天皇 1番歌 天智天皇
秋の田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ
あきのたの かりほのいほの とまをあらみ わがころもでは つゆにぬれつつ
持統天皇 2番歌 持統天皇
春すぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山
はるすきて なつきにけらし しろたへの ころもほすてふ あまのかくやま
柿本人麻呂 3番歌 柿本人麻呂
あしびきの山鳥の尾のしだり尾の ながながし夜をひとりかも寝む
あしひきのやまとりのをのしたりをの なかなかしよをひとりかもねむ
山部赤人 4番歌 山部赤人
田子の浦にうち出でて見れば白妙の 富士の高嶺に雪はふりつつ
たこのうらに うちいててみれは しろたへの ふしのたかねに ゆきはふりつつ
猿丸大夫 5番歌 猿丸大夫
奥山にもみぢ踏み分け鳴く鹿の 声聞く時ぞ秋は悲しき
おくやまに もみちふみわけ なくしかの こゑきくときそ あきはかなしき
中納言家持 6番歌 中納言家持
かささぎの渡せる橋におく霜の 白きを見れば夜ぞふけにける
かささきの わたせるはしに おくしもの しろきをみれは よそふけにける
安倍仲麿 7番歌 安倍仲麿
天の原ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に出でし月かも
あまのはら ふりさけみれは かすかなる みかさのやまに いてしつきかも
喜撰法師 8番歌 喜撰法師
わが庵は都のたつみしかぞすむ 世をうぢ山と人はいふなり
わかいほは みやこのたつみ しかそすむ よをうちやまと ひとはいふなり
小野小町 9番歌 小野小町
花の色はうつりにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに
はなのいろは うつりにけりな いたつらに わかみよにふる なかめせしまに
蝉丸 10番歌 蝉丸
これやこの行くも帰るも別れては 知るも知らぬもあふ坂の関
これやこの ゆくもかへるも わかれては しるもしらぬも あふさかのせき
11番歌 参議篁
わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと 人には告げよあまのつり舟
わたのはら やそしまかけて こきいてぬと ひとにはつけよ あまのつりふね
12番歌 僧正遍昭
天つ風雲のかよひ路吹きとぢよ をとめの姿しばしとどめむ
あまつかせ くものかよひち ふきとちよ をとめのすかた しはしととめむ
13番歌 陽成院
つくばねの峰より落つるみなの川 こひぞつもりて淵となりぬる
つくはねの みねよりおつる みなのかわ こひそつもりて ふちとなりぬる
14番歌 河原左大臣
陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに 乱れそめにしわれならなくに
みちのくの しのふもちすり たれゆゑに みたれそめにし われならなくに
15番歌 光孝天皇
君がため春の野に出でて若菜つむ わが衣手に雪はふりつつ
きみかため はるののにいてて わかなつむ わかころもてに ゆきはふりつつ
16番歌 中納言行平
立ち別れいなばの山の峰に生ふる まつとし聞かば今帰り来む
たちわかれ いなはのやまの みねにおふる まつとしきかは いまかへりこむ
17番歌 在原業平朝臣
ちはやぶる神代もきかず竜田川 からくれなゐに 水くくるとは
ちはやふる かみよもきかす たつたかは からくれなゐに みつくくるとは
18番歌 藤原敏行朝臣
住の江の岸による波よるさへや 夢の通ひ路人めよくらむ
すみのえの きしによるなみ よるさへや ゆめのかよひち ひとめよくらむ
19番歌 伊勢
難波潟みじかき葦のふしの間も あはでこの世を過ぐしてよとや
なにはかた みしかきあしの ふしのまも あはてこのよを すくしてよとや
20番歌 元良親王
わびぬれば今はた同じ難波なる みをつくしてもあはむとぞ思ふ
わひぬれは いまはたおなし なにはなる みをつくしても あはむとそおもふ
21番歌 素性法師
今こむと言ひしばかりに長月の 有明の月を待ちいでつるかな
いまこむと いひしはかりに なかつきの ありあけのつきを まちいてつるかな
22番歌 文屋康秀
吹くからに秋の草木のしをるれば むべ山風を嵐といふらむ
ふくからに あきのくさきの しをるれは むへやまかせを あらしといふらむ
23番歌 大江千里
月みれば千々に物こそ悲しけれ 我が身ひとつの秋にはあらねど
つきみれは ちちにものこそ かなしけれ わかみひとつの あきにはあらねと
24番歌 菅家
このたびはぬさもとりあへず手向山 紅葉のにしき神のまにまに
このたひは ぬさもとりあへす たむけやま もみちのにしき かみのまにまに
25番歌 三条右大臣
名にしおはば逢坂山のさねかづら 人に知られでくるよしもがな
なにしおははあふさかやまのさねかつら ひとにしられてくるよしもかな
26番歌 貞信公
小倉山峰のもみぢ葉心あらば 今ひとたびのみゆき待たなむ
をくらやま みねのもみちは こころあらは いまひとたひの みゆきまたなむ
27番歌 中納言兼輔
みかの原わきて流るるいづみ川 いつみきとてか恋しかるらむ
みかのはら わきてなかるる いつみかは いつみきとてか こひしかるらむ
28番歌 源宗于朝臣
山里は冬ぞさびしさまさりける 人めも草もかれぬと思へば
やまさとは ふゆそさびしさ まさりける ひとめもくさも かれぬとおもへは
29番歌 凡河内躬恒
心あてに折らばや折らむ初霜の おきまどはせる白菊の花
こころあてに おらはやおらむ はつしもの おきまとはせる しらきくのはな
30番歌 壬生忠岑
ありあけのつれなく見えし別れより 暁ばかり憂きものはなし
ありあけの つれなくみえし わかれより あかつきはかり うきものはなし
31番歌 坂上是則
朝ぼらけありあけの月と見るまでに 吉野の里に降れる白雪
あさほらけ ありあけのつきと みるまてに よしののさとに ふれるしらゆき
32番歌 春道列樹
山川に風のかけたるしがらみは 流れもあへぬ紅葉なりけり
やまかはに かせのかけたる しからみは なかれもあへぬ もみちなりけり
33番歌 紀友則
ひさかたの光のどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ
ひさかたの ひかりのとけき はるのひに しつこころなく はなのちるらむ
34番歌 藤原興風
誰をかも知る人にせむ高砂の 松も昔の友ならなくに
たれをかも しるひとにせむ たかさこの まつもむかしの ともならなくに
35番歌 紀貫之
人はいさ心も知らずふるさとは 花ぞ昔の香に匂ひける
ひとはいさ こころもしらす ふるさとは はなそむかしの かににほひける
36番歌 清原深養父
夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを 雲のいづこに月やどるらむ
なつのよは またよひなから あけぬるを くものいつこに つきやとるらむ
37番歌 文屋朝康
白露に風の吹きしく秋の野は つらぬきとめぬ玉ぞ散りける
しらつゆに かせのふきしく あきののは つらぬきとめぬ たまそちりける
38番歌 右近
忘らるる身をば思はず誓ひてし 人のいのちの惜しくもあるかな
わすらるる みをはおもはす ちかひてし ひとのいのちの をしくもあるかな
39番歌 参議等
浅茅生の小野の篠原しのぶれど あまりてなどか人の恋しき
あさちふの をののしのはら しのふれと あまりてなとか ひとのこひしき
40番歌 平兼盛
しのぶれど色に出でにけりわが恋は 物や思ふと人の問ふまで
しのふれと いろにいてにけり わかこひは ものやおもふと ひとのとふまて
41番歌 壬生忠見
恋すてふわが名はまだき立ちにけり 人知れずこそ思ひ初めしか
こひすてふ わかなはまたき たちにけり ひとしれすこそ おもひそめしか
42番歌 清原元輔
契りきなかたみに袖をしぼりつつ 末の松山波越さじとは
ちきりきな かたみにそてを しほりつつ すゑのまつやま なみこさしとは
43番歌 権中納言敦忠
あひ見てののちの心にくらぶれば 昔は物を思はざりけり
あひみての のちのこころに くらふれは むかしはものを おもはさりけり
44番歌 中納言朝忠
あふことのたえてしなくはなかなかに 人をも身をも恨みざらまし
あふことの たえてしなくは なかなかに ひとをもみをも うらみさらまし
45番歌 謙徳公
あはれともいふべき人は思ほえで 身のいたづらになりぬべきかな
あはれとも いふへきひとは おもほえて みのいたつらに なりぬへきかな
46番歌 曾禰好忠
由良のとを渡る舟人かぢを絶え ゆくへも知らぬ恋の道かな
ゆらのとを わたるふなひと かちをたえ ゆくへもしらぬ こひのみちかな
47番歌 恵慶法師
八重むぐらしげれる宿のさびしきに 人こそ見えね秋は来にけり
やへむくら しけれるやとの さひしきに ひとこそみえね あきはきにけり
48番歌 源重之
風をいたみ岩うつ波のおのれのみ くだけて物を思ふころかな
かせをいたみ いはうつなみの おのれのみ くたけてものを おもふころかな
49番歌 大中臣能宣
みかきもり衛士のたく火の夜は燃え 昼は消えつつ物をこそ思へ
みかきもり ゑしのたくひの よるはもえ ひるはきえつつ ものをこそおもへ
50番歌 藤原義孝
君がため惜しからざりし命さへ 長くもがなと思ひけるかな
きみかため おしからさりし いのちさへ なかくもかなと おもひけるかな
51番歌 藤原実方朝臣
かくとだにえやはいぶきのさしも草 さしも知らじなもゆる思ひを
かくとたに えやはいふきの さしもくさ さしもしらしな もゆるおもひを
52番歌 藤原道信朝臣
明けぬれば暮るるものとは知りながら なほうらめしき朝ぼらけかな
あけぬれは くるるものとは しりなから なほうらめしき あさほらけかな
53番歌 右大将道綱母
嘆きつつひとり寝る夜の明くるまは いかに久しきものとかは知る
なけきつつ ひとりぬるよの あくるまは いかにひさしき ものとかはしる
54番歌 儀同三司母
忘れじの 行く末までは かたければ 今日をかぎりの 命ともがな
わすれしのゆくすゑまてはかたけれは けふをかきりのいのちともかな
55番歌 大納言公任
滝の音は絶えて久しくなりぬれど 名こそ流れてなほ聞こえけれ
たきのおとは たえてひさしく なりぬれと なこそなかれて なほきこえけれ
56番歌 和泉式部
あらざらむこの世のほかの思ひ出に 今ひとたびの逢ふこともがな
あらさらむ このよのほかの おもひてに いまひとたひの あふこともかな
57番歌 紫式部
めぐりあひて見しやそれとも分かぬまに 雲がくれにし夜半の月かな
めくりあひて みしやそれとも わかぬまに くもかくれにし よはのつきかけ
58番歌 大弐三位
ありま山ゐなの笹原風吹けば いでそよ人を忘れやはする
ありまやま ゐなのささはら かせふけは いてそよひとを わすれやはする
59番歌 赤染衛門
やすらはで寝なましものをさ夜更けて かたぶくまでの月を見しかな
やすらはて ねなましものを さよふけて かたふくまての つきをみしかな
60番歌 小式部内侍
大江山いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立
おほえやま いくののみちの とほけれは またふみもみす あまのはしたて
61番歌 伊勢大輔
いにしへの奈良の都の八重桜 けふ九重ににほひぬるかな
いにしへの ならのみやこの やへさくら けふここのへに にほひぬるかな
62番歌 清少納言
夜をこめて鳥のそらねははかるとも よに逢坂の関はゆるさじ
よをこめて とりのそらねは はかるとも よにあふさかの せきはゆるさし
63番歌 左京大夫道雅
今はただ思ひ絶えなむとばかりを 人づてならで言ふよしもがな
いまはたた おもひたえなむ とはかりを ひとつてならて いふよしもかな
64番歌 権中納言定頼
朝ぼらけ宇治の川霧たえだえに あらはれわたる瀬々の網代木
あさほらけ うちのかはきり たえたえに あらはれわたる せせのあしろき
65番歌 相模
恨みわびほさぬ袖だにあるものを 恋にくちなむ名こそ惜しけれ
うらみわひ ほさぬそてたに あるものを こひにくちなむ なこそをしけれ
66番歌 前大僧正行尊
もろともにあはれと思へ山桜 花よりほかに知る人もなし
もろともに あはれとおもへ やまさくら はなよりほかに しるひともなし
67番歌 周防内侍
春の夜の夢ばかりなる手枕に かひなく立たむ名こそ惜しけれ
はるのよの ゆめはかりなる たまくらに かひなくたたむ なこそをしけれ
68番歌 三条院
心にもあらでうき世にながらへば 恋しかるべき夜半の月かな
こころにも あらてうきよに なからへは こひしかるへき よはのつきかな
69番歌 能因法師
あらし吹くみ室の山のもみぢ葉は 竜田の川の錦なりけり
あらしふく みむろのやまの もみちはは たつたのかはの にしきなりけり
70番歌 良暹法師
さびしさに宿をたち出でてながむれば いづこも同じ秋の夕暮れ
さひしさに やとをたちいてて なかむれは いつくもおなし あきのゆふくれ
71番歌 大納言経信
夕されば門田の稲葉おとづれて 葦のまろやに秋風ぞ吹く
ゆうされは かとたのいなは おとつれて あしのまろやに あきかせそふく
72番歌 祐子内親王家紀伊
音にきくたかしの浜のあだ波は かけじや袖のぬれもこそすれ
おとにきくたかしのはまのあたなみは かけしやそてのぬれもこそすれ
73番歌 前中納言匡房
高砂のをのへの桜咲きにけり 外山のかすみ立たずもあらなむ
たかさこの をのへのさくら さきにけり とやまのかすみ たたすもあらなむ
74番歌 源俊頼朝臣
憂かりける人を初瀬の山おろしよ はげしかれとは祈らぬものを
うかりける ひとをはつせの やまおろしよ はけしかれとは いのらぬものを
75番歌 藤原基俊
契りおきしさせもが露をいのちにて あはれ今年の秋もいぬめり
ちきりおきし させもかつゆを いのちにて あはれことしの あきもいぬめり
76番歌 法性寺入道前関白太政大臣
わたの原こぎ出でてみれば久方の 雲ゐにまがふ冲つ白波
わたのはら こきいててみれは ひさかたの くもゐにまかふ おきつしらなみ
77番歌 崇徳院
瀬をはやみ岩にせかるる滝川の われても末にあはむとぞ思ふ
せをはやみ いわにせかるる たきかはの われてもすゑに あはむとそおもふ
78番歌 源兼昌
淡路島かよふ千鳥の鳴く声に 幾夜ねざめぬ須磨の関守
あはちしま かよふちとりの なくこゑに いくよねさめぬ すまのせきもり
79番歌 左京大夫顕輔
秋風にたなびく雲のたえ間より もれ出づる月のかげのさやけさ
あきかせに たなひくくもの たえまより もれいつるつきの かけのさやけさ
80番歌 待賢門院堀河
長からむ心も知らず黒髪の 乱れてけさは物をこそ思へ
なかからむ こころもしらす くろかみの みたれてけさは ものをこそおもへ
81番歌 後徳大寺左大臣
ほととぎす鳴きつる方をながむれば ただありあけの月ぞ残れる
ほとときす なきつるかたを なかむれは たたありあけの つきそのこれる
82番歌 道因法師
思ひわびさてもいのちはあるものを 憂きにたへぬは涙なりけり
おもひわひ さてもいのちは あるものを うきにたへぬは なみたなりけり
83番歌 皇太后宮大夫俊成
世の中よ道こそなけれ思ひ入る 山の奥にも鹿ぞ鳴くなる
よのなかよ みちこそなけれ おもひいる やまのおくにも しかそなくなる
84番歌 藤原清輔朝臣
ながらへばまたこのごろやしのばれむ 憂しと見し世ぞ今は恋しき
なからへはまたこのころやしのはれむ うしとみしよそいまはこひしき
85番歌 俊恵法師
夜もすがら物思ふころは明けやらで 閨のひまさへつれなかりけり
よもすから ものおもふころは あけやらぬ ねやのひまさへ つれなかりけり
86番歌 西行法師
嘆けとて月やは物を思はする かこち顔なるわが涙かな
なけけとて つきやはものを おもはする かこちかほなる わかなみたかな
87番歌 寂蓮法師
村雨の露もまだひぬまきの葉に 霧立ちのぼる秋の夕暮れ
むらさめの つゆもまたひぬ まきのはに きりたちのほる あきのゆふくれ
88番歌 皇嘉門院別当
難波江の葦のかりねのひとよゆゑ みをつくしてや恋ひわたるべき
なにはえの あしのかりねの ひとよゆゑ みをつくしてや こひわたるへき
89番歌 式子内親王
玉のをよたえなばたえねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする
たまのをよ たえなはたえね なからへは しのふることの よはりもそする
90番歌 殷富門院大輔
見せばやな雄島のあまの袖だにも 濡れにぞ濡れし色は変はらず
みせはやな をしまのあまの そてたにも ぬれにそぬれし いろはかはらす
91番歌 後京極摂政前太政大臣
きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに 衣かたしきひとりかも寝む
きりきりす なくやしもよの さむしろに ころもかたしき ひとりかもねむ
92番歌 二条院讃岐
わが袖は潮干に見えぬ沖の石の 人こそ知らね乾くまもなし
わかそては しほひにみえぬ おきのいしの ひとこそしらね かわくまもなし
93番歌 鎌倉右大臣
世の中はつねにもがもな渚こぐ あまの小舟の綱手かなしも
よのなかは つねにもかもな なきさこく あまのおふねの つなてかなしも
94番歌 参議雅経
み吉野の山の秋風さ夜ふけて ふるさと寒く衣うつなり
みよしのの やまのあきかせ さよふけて ふるさとさむく ころもうつなり
95番歌 前大僧正慈円
おほけなくうき世の民におほふかな わが立つ杣にすみぞめの袖
おほけなく うきよのたみに おほふかな わかたつそまに すみそめのそて
96番歌 入道前太政大臣
花さそふ嵐の庭の雪ならで ふりゆくものはわが身なりけり
はなさそふ あらしのにはの ゆきならて ふりゆくものは わかみなりけり
97番歌 権中納言定家
こぬ人をまつほの浦の夕なぎに 焼くやもしほの身もこがれつつ
こぬひとを まつほのうらの ゆふなきに やくやもしほの みもこかれつつ
98番歌 従二位家隆
風そよぐならの小川の夕暮れは みそぎぞ夏のしるしなりける
かせそよく ならのをかはの ゆふくれは みそきそなつの しるしなりける
99番歌 後鳥羽院
人もをし人も恨めしあぢきなく 世を思ふゆゑに物思ふ身は
ひともをし ひともうらめし あちきなく よをおもふゆゑに ものおもふみは
100番歌 順徳院
百敷やふるき軒端のしのぶにも なほあまりある昔なりけり
ももしきや ふるきのきはの しのふにも なほあまりある むかしなりけり
inserted by FC2 system