表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 97番歌 こぬ人をまつほの浦の夕なぎに… 権中納言定家


97番歌 こぬ人をまつほの浦の夕なぎに… 権中納言定家

こぬ人をまつほの浦の夕なぎに 焼くやもしほの身もこがれつつ
【歴史的仮名遣い】
こぬひとを まつほのうらの ゆふなぎに やくやもしほの みもこがれつつ
【現代仮名遣い】
こぬひとを まつほのうらの ゆうなぎに やくやもしおの みもこがれつつ
【出典】新勅撰集 恋

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,権中納言定家 百人一首,かるた,権中納言定家

(読み下し)
(初)こぬ人を(二)まつほの浦の(三)夕なきに(四)やくやもしおの(結)身もこかれつゝ


【取り札】
百人一首,かるた,権中納言定家 百人一首,かるた,権中納言定家

(読み下し)
(四)やくやもしほの(結)身もこかれつゝ

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,権中納言定家 百人一首,かるた,権中納言定家

(読み下し)
(初)こぬ人を(二)松ほのうらの(三)夕なきに


【取り札】
百人一首,かるた,権中納言定家 百人一首,かるた,権中納言定家

(読み下し)
(四)やくやもしほの(結)身もこかれつゝ

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,権中納言定家 百人一首,かるた,権中納言定家

(読み下し)
(四)やくやもしほの(結)みもこかれつゝ

inserted by FC2 system