表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 96番歌 花さそふ嵐の庭の雪ならで… 入道前太政大臣


96番歌 花さそふ嵐の庭の雪ならで… 入道前太政大臣

花さそふ嵐の庭の雪ならで ふりゆくものはわが身なりけり
【歴史的仮名遣い】
はなさそふ あらしのにはの ゆきならで ふりゆくものは わがみなりけり
【現代仮名遣い】
はなさそう あらしのにわの ゆきならで ふりゆくものわ わがみなりけり
【出典】新勅撰集 雑

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,入道前太政大臣 百人一首,かるた,入道前太政大臣

(読み下し)
(初)はなさそふ(二)あらしの庭の(三)雪ならで(四)ふり行くものは(結)わか身なりけり


【取り札】
百人一首,かるた,入道前太政大臣 百人一首,かるた,入道前太政大臣

(読み下し)
(四)ふり行くものは(結)我身なりけり

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,入道前太政大臣 百人一首,かるた,入道前太政大臣

(読み下し)
(初)花さそふ(二)嵐の庭の(三)雪ならて


【取り札】
百人一首,かるた,入道前太政大臣 百人一首,かるた,入道前太政大臣

(読み下し)
(四)ふり行くものは(結)我身なりけり

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,入道前太政大臣 百人一首,かるた,入道前太政大臣

(読み下し)
(四)ふり行ものは(結)我身なりけり(「り」がかすれている)

inserted by FC2 system