表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 95番歌 おほけなくうき世の民におほふかな… 前大僧正慈円


95番歌 おほけなくうき世の民におほふかな… 前大僧正慈円

おほけなくうき世の民におほふかな わが立つ杣にすみぞめの袖
【歴史的仮名遣い】
おほけなく うきよのたみに おほふかな わがたつそまに すみぞめのそで
【現代仮名遣い】
おおけなく うきよのたみの おおうかな わがたつそまに すみぞめのそで
【出典】千載集 雑

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,前大僧正慈円 百人一首,かるた,前大僧正慈円

(読み下し)
(初)おほけなく(二)うき世の民に(三)おほふかな(四)我たつ杣に(結)すみそめのそで


【取り札】
百人一首,かるた,前大僧正慈円 百人一首,かるた,前大僧正慈円

(読み下し)
(四)わか立杣に(結)墨染の袖

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,前大僧正慈円 百人一首,かるた,前大僧正慈円

(読み下し)
(初)おほけなく(二)うきよの民に(三)おほふ哉


【取り札】
百人一首,かるた,前大僧正慈円 百人一首,かるた,前大僧正慈円

(読み下し)
(四)わか立杣に(結)墨染の袖

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,前大僧正慈円 百人一首,かるた,前大僧正慈円

(読み下し)
(四)我たつ杣に(結)すみそめのそて

inserted by FC2 system