表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 92番歌 わが袖は潮干に見えぬ沖の石の… 二条院讃岐


92番歌 わが袖は潮干に見えぬ沖の石の… 二条院讃岐

わが袖は潮干に見えぬ沖の石の 人こそ知らね乾くまもなし
【歴史的仮名遣い】
わがそでは しほひにみえぬ おきのいしの ひとこそしらね かわくまもなし
【現代仮名遣い】
わがそでは しおひにみえぬ おきのいしの ひとこそしらね かわくまもなし
【出典】千載集 恋

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,二条院讃岐 百人一首,かるた,二条院讃岐

(読み下し)
(初)我袖は(二)しほひに見えぬ(三)沖の石の(四)人こそしらね(結)かわくまもなし


【取り札】
百人一首,かるた,二条院讃岐 百人一首,かるた,二条院讃岐

(読み下し)
(四)人こそしらね(結)かわくまもなし

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,二条院讃岐 百人一首,かるた,二条院讃岐

(読み下し)
(初)わか恋は(二)塩干にみえぬ(三)沖の石の


【取り札】
百人一首,かるた,二条院讃岐 百人一首,かるた,二条院讃岐

(読み下し)
(四)人こそしらね(結)かわくまもなし

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,二条院讃岐 百人一首,かるた,二条院讃岐

(読み下し)
(四)人こそしらね(結)かわくまもなし(「かわく」がかすれている)

inserted by FC2 system