表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 89番歌 玉のをよたえなばたえねながらへば… 式子内親王


89番歌 玉のをよたえなばたえねながらへば… 式子内親王

玉のをよたえなばたえねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする
【歴史的仮名遣い】
たまのをよ たえなばたえね ながらへば しのぶることの よわりもぞする
【現代仮名遣い】
たまのをよ たえなばたえね ながらえば しのぶることの よわりもぞする
【出典】新古今集 恋

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,式子内親王 百人一首,かるた,式子内親王

(読み下し)
(初)玉の緒よ(二)たえなばたえね(三)ながらへは(四)忍ふることの(結)よはりもぞする


【取り札】
百人一首,かるた,式子内親王 百人一首,かるた,式子内親王

(読み下し)
(四)忍ふることの(結)よわりもぞする

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,式子内親王 百人一首,かるた,式子内親王

(読み下し)
(初)玉のをよ(二)たへなは絶ね(三)なからへは


【取り札】
百人一首,かるた,式子内親王 百人一首,かるた,式子内親王

(読み下し)
(四)忍ふることの(結)よわりもぞする

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,式子内親王 百人一首,かるた,式子内親王

(読み下し)
(四)しのふることの(結)よわりもとする

inserted by FC2 system