表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 88番歌 難波江の葦のかりねのひとよゆゑ… 皇嘉門院別当


88番歌 難波江の葦のかりねのひとよゆゑ… 皇嘉門院別当

難波江の葦のかりねのひとよゆゑ みをつくしてや恋ひわたるべき
【歴史的仮名遣い】
なにはえの あしのかりねの ひとよゆゑ みをつくしてや こひわたるべき
【現代仮名遣い】
なにわえの あしのかりねの ひとよゆえ みをつくしてや こいわたるべき
【出典】千載集 恋

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,皇嘉門院別当 百人一首,かるた,皇嘉門院別当

(読み下し)
(初)難波江の(二)あしのかりねの(三)一夜ゆへ(四)身を尽してや(結)恋わたるべき


【取り札】
百人一首,かるた,皇嘉門院別当 百人一首,かるた,皇嘉門院別当

(読み下し)
(四)身をつくしてや(結)恋わたるへき

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,皇嘉門院別当 百人一首,かるた,皇嘉門院別当

(読み下し)
(初)なにはへの(二)芦のかりねの(三)一よゆへ


【取り札】
百人一首,かるた,皇嘉門院別当 百人一首,かるた,皇嘉門院別当

(読み下し)
(四)身をつくしてや(結)恋わたるへき

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,皇嘉門院別当 百人一首,かるた,皇嘉門院別当

(読み下し)
(四)身を尽してや(結)恋わたるへき

inserted by FC2 system