表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 86番歌 嘆けとて月やは物を思はする… 西行法師


86番歌 嘆けとて月やは物を思はする… 西行法師

嘆けとて月やは物を思はする かこち顔なるわが涙かな
【歴史的仮名遣い】
なげけとて つきやはものを おもはする かこちがほなる わがなみだかな
【現代仮名遣い】
なげけとて つきやはものを おもわする かこちがおなる わがなみだかな
【出典】千載集 恋

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,西行法師 百人一首,かるた,西行法師

(読み下し)
(初)なけゝとて(二)月やはものを(三)おもはする(四)かこちかほなる(結)我なみたかな


【取り札】
百人一首,かるた,西行法師 百人一首,かるた,西行法師

(読み下し)
(四)かこちかほなる(結)我なみたかな

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,西行法師 百人一首,かるた,西行法師

(読み下し)
(初)歎とて(二)月やはものを(三)思はする


【取り札】
百人一首,かるた,西行法師 百人一首,かるた,西行法師

(読み下し)
(四)かこちかほなる(結)我なみた哉

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,西行法師 百人一首,かるた,西行法師

(読み下し)
(四)かこちかほなる(結)我涙かな

inserted by FC2 system