表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 83番歌 世の中よ道こそなけれ思ひ入る… 皇太后宮大夫俊成


83番歌 世の中よ道こそなけれ思ひ入る… 皇太后宮大夫俊成

世の中よ道こそなけれ思ひ入る 山の奥にも鹿ぞ鳴くなる
【歴史的仮名遣い】
よのなかよ みちこそなけれ おもひいる やまのおくにも しかぞなくなる
【現代仮名遣い】
よのなかよ みちこそなけれ おもいいる やまのおくにも しかぞなくなる
【出典】千載集 雑

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,皇太后宮大夫俊成 百人一首,かるた,皇太后宮大夫俊成

(読み下し)
(初)世の中よ(二)道こそなけれ(三)おもひいる(四)山のおくにも(結)しかぞなくなる


【取り札】
百人一首,かるた,皇太后宮大夫俊成 百人一首,かるた,皇太后宮大夫俊成

(読み下し)
(四)山の奥にも(結)鹿そなくなる

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,皇太后宮大夫俊成 百人一首,かるた,皇太后宮大夫俊成

(読み下し)
(初)世中よ(二)道こそなけれ(三)思ひ入


【取り札】
百人一首,かるた,皇太后宮大夫俊成 百人一首,かるた,皇太后宮大夫俊成

(読み下し)
(四)山の奥にも(結)鹿そなくなる

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,皇太后宮大夫俊成 百人一首,かるた,皇太后宮大夫俊成

(読み下し)
(四)山の奥にも(結)鹿そなくなる

inserted by FC2 system