表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 81番歌 ほととぎす鳴きつる方をながむれば… 後徳大寺左大臣


81番歌 ほととぎす鳴きつる方をながむれば… 後徳大寺左大臣

ほととぎす鳴きつる方をながむれば ただありあけの月ぞ残れる
【歴史的仮名遣い】
ほととぎす なきつるかたを ながむれば ただありあけの つきぞのこれる
【現代仮名遣い】
ほととぎす なきつるかたを ながむれば ただありあけの つきぞのこれる
【出典】千載集 夏

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,後徳大寺左大臣 百人一首,かるた,後徳大寺左大臣

(読み下し)
(初)ほと(と)ぎす(二)なきつるかたを(三)なかむれは(四)たゝ有明の(結)月ぞのこれる


【取り札】
百人一首,かるた,後徳大寺左大臣 百人一首,かるた,後徳大寺左大臣

(読み下し)
(四)たゝ有明の(結)月そ残れる

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,後徳大寺左大臣 百人一首,かるた,後徳大寺左大臣

(読み下し)
(初)時鳥(二)鳴つるかたを(三)詠れは


【取り札】
百人一首,かるた,後徳大寺左大臣 百人一首,かるた,後徳大寺左大臣

(読み下し)
(四)たゝ有明の(結)月そ残れる

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,後徳大寺左大臣 百人一首,かるた,後徳大寺左大臣

(読み下し)
(四)只有明の(結)月そ残れる

inserted by FC2 system