表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 79番歌 秋風にたなびく雲のたえ間より… 左京大夫顕輔


79番歌 秋風にたなびく雲のたえ間より… 左京大夫顕輔

秋風にたなびく雲のたえ間より もれ出づる月のかげのさやけさ
【歴史的仮名遣い】
あきかぜに たなびくくもの たえまより もれいづるつきの かがのさやけさ
【現代仮名遣い】
あきかぜに たなびくくもの たえまより もれいずるつきの かげのさやけさ
【出典】新古今集 秋

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,左京大夫顕輔 百人一首,かるた,左京大夫顕輔

(読み下し)
(初)秋風に(二)たなびく雲の(三)絶間より(四)もれ出る月の(結)かけのさやけさ


【取り札】
百人一首,かるた,左京大夫顕輔 百人一首,かるた,左京大夫顕輔

(読み下し)
(四)もれ出る月の(結)影のさやけさ

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,左京大夫顕輔 百人一首,かるた,左京大夫顕輔

(読み下し)
(初)秋かせに(二)棚引くもの(三)絶間より


【取り札】
百人一首,かるた,左京大夫顕輔 百人一首,かるた,左京大夫顕輔

(読み下し)
(四)もれ出る月の(結)影のさやけさ

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,左京大夫顕輔 百人一首,かるた,左京大夫顕輔

(読み下し)
(四)もれ出する月の(結)影のさやけさ

inserted by FC2 system