表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 78番歌 淡路島かよふ千鳥の鳴く声に… 源兼昌


78番歌 淡路島かよふ千鳥の鳴く声に… 源兼昌

淡路島かよふ千鳥の鳴く声に 幾夜ねざめぬ須磨の関守
【歴史的仮名遣い】
あはぢしま かよふちどりの なくこゑに いくよねざめぬ すまのせきもり
【現代仮名遣い】
あわじしま かようちどりの なくこえに いくよねざめぬ すまのせきもり
【出典】金葉集 冬

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,源兼昌 百人一首,かるた,源兼昌

(読み下し)
(初)あはぢしま(二)通ふ千鳥の(三)なくこゑに(四)いく夜ねさめぬ(結)すまの関もり


【取り札】
百人一首,かるた,源兼昌 百人一首,かるた,源兼昌

(読み下し)
(四)いく夜ねさめぬ(結)すまの関守

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,源兼昌 百人一首,かるた,源兼昌

(読み下し)
(初)あはち嶋(二)通ふ千鳥の(三)鳴こゑに


【取り札】
百人一首,かるた,源兼昌 百人一首,かるた,源兼昌

(読み下し)
(四)いく夜ねさめぬ(結)すまの関守

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,源兼昌 百人一首,かるた,源兼昌

(読み下し)
(四)いくよねさめぬ(結)須磨の関守

inserted by FC2 system