表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 73番歌 高砂のをのへの桜咲きにけり… 前中納言匡房


73番歌 高砂のをのへの桜咲きにけり… 前中納言匡房

高砂のをのへの桜咲きにけり 外山のかすみ立たずもあらなむ
【歴史的仮名遣い】
たかさごの をのへのさくら さきにけり とやまのかすみ たたずもあらなむ
【現代仮名遣い】
たかさごの おのえのさくら さきにけり とやまのかすみ たたずもあらなん
【出典】後拾遺集 春

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,前中納言匡房 百人一首,かるた,前中納言匡房

(読み下し)
(初)高砂の(二)尾上のさくら(三)咲にけり(四)外山の霞(結)たゝすもあらなむ(「権中納言」は「前中納言」の誤記か。)


【取り札】
百人一首,かるた,前中納言匡房 百人一首,かるた,前中納言匡房

(読み下し)
(四)外山の霞(結)たゝすもあらなん

肉筆の百人一首かるた

【読み札】

(読み札欠)


【取り札】
百人一首,かるた,前中納言匡房 百人一首,かるた,前中納言匡房

(読み下し)
(四)外山の霞(結)たゝすもあらなん

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,前中納言匡房 百人一首,かるた,前中納言匡房

(読み下し)
(四)外山の霞(結)たゝすもあらなん

inserted by FC2 system