表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 71番歌 夕されば門田の稲葉おとづれて… 大納言経信


71番歌 夕されば門田の稲葉おとづれて… 大納言経信

夕されば門田の稲葉おとづれて 葦のまろやに秋風ぞ吹く
【歴史的仮名遣い】
ゆふされば かどたのいなば おとづれて あしのまろやに あきかぜぞふく
【現代仮名遣い】
ゆうされば かどたのいなば おとずれて あしのまろやに あきかぜぞふく
【出典】金葉集 秋

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,大納言経信 百人一首,かるた,大納言経信

(読み下し)
(初)夕ざれは(二)門田の稲葉(三)おとつれて(四)あしのまろやに(結)秋風ぞふく


【取り札】
百人一首,かるた,大納言経信 百人一首,かるた,大納言経信

(読み下し)
(四)あしのまろやに(結)秋風そふく

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,大納言経信 百人一首,かるた,大納言経信

(読み下し)
(初)夕されは(二)門田のいなは(三)音つれて


【取り札】
百人一首,かるた,大納言経信 百人一首,かるた,大納言経信

(読み下し)
(四)あしのまろやに(結)秋風そふく

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,大納言経信 百人一首,かるた,大納言経信

(読み下し)
(四)あしのまろやに(結)秋風そふく

inserted by FC2 system