表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 63番歌 今はただ思ひ絶えなむとばかりを… 左京大夫道雅


63番歌 今はただ思ひ絶えなむとばかりを… 左京大夫道雅

今はただ思ひ絶えなむとばかりを 人づてならで言ふよしもがな
【歴史的仮名遣い】
いまはただ おもひたえなむ とばかりを ひとづてならで いふよしもがな
【現代仮名遣い】
いまはただ おもいたえなん とばかりを ひとづてならで いうよしもがな
【出典】後拾遺集 恋

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,左京大夫道雅 百人一首,かるた,左京大夫道雅

(読み下し)
(初)今はたゝ(二)おもひ絶なん(三)とばかりを(四)人伝ならで(結)いふよしもかな


【取り札】
百人一首,かるた,左京大夫道雅 百人一首,かるた,左京大夫道雅

(読み下し)
(四)人つてならて(結)いふよしもかな

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,左京大夫道雅 百人一首,かるた,左京大夫道雅

(読み下し)
(初)今は只(二)思ひたへ南(三)とはかりを


【取り札】
百人一首,かるた,左京大夫道雅 百人一首,かるた,左京大夫道雅

(読み下し)
(四)人つてならて(結)いふよしも哉

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,左京大夫道雅 百人一首,かるた,左京大夫道雅

(読み下し)
(四)人つてならて(結)いふよしもかな(「い」がかすれている)

inserted by FC2 system