表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 62番歌 夜をこめて鳥のそらねははかるとも… 清少納言


62番歌 夜をこめて鳥のそらねははかるとも… 清少納言

夜をこめて鳥のそらねははかるとも よに逢坂の関はゆるさじ
【歴史的仮名遣い】
よをこめて とりのそらねは はかるとも よにあふさかの せきはゆるさじ
【現代仮名遣い】
よをこめて とりのそらねは はかるとも よにおうさかの せきはゆるさじ
【出典】後拾遺集 雑

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,清少納言 百人一首,かるた,清少納言

(読み下し)
(初)夜をこめて(二)鳥のそらねを(三)はかるとも(四)よにあふ坂の(結)関はゆるさじ


【取り札】
百人一首,かるた,清少納言 百人一首,かるた,清少納言

(読み下し)
(四)世に逢坂の(結)関はゆるさし

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,清少納言 百人一首,かるた,清少納言

(読み下し)
(初)よを込て(二)鳥の空音は(三)はかるとも


【取り札】
百人一首,かるた,清少納言 百人一首,かるた,清少納言

(読み下し)
(四)世に逢坂の(結)関はゆるさし

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,清少納言 百人一首,かるた,清少納言

(読み下し)
(四)世に逢坂の(結)関はゆるさし

inserted by FC2 system