表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 61番歌 いにしへの奈良の都の八重桜… 伊勢大輔


61番歌 いにしへの奈良の都の八重桜… 伊勢大輔

いにしへの奈良の都の八重桜 けふ九重ににほひぬるかな
【歴史的仮名遣い】
いにしへの ならのみやこの やへざくら けふここのへに にほひぬるかな
【現代仮名遣い】
いにしえの ならのみやこの やえざくら きょうここのえに においぬるかな
【出典】詞花集 春

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,伊勢大輔 百人一首,かるた,伊勢大輔

(読み下し)
(初)いにしへの(二)ならの都の(三)八重さくら(四)今日九重に(結)匂ひぬるかな


【取り札】
百人一首,かるた,伊勢大輔 百人一首,かるた,伊勢大輔

(読み下し)
(四)けふ九重に(結)にほひぬるかな

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,伊勢大輔 百人一首,かるた,伊勢大輔

(読み下し)
(初)古の(二)ならの都の(三)やへさくら


【取り札】
百人一首,かるた,伊勢大輔 百人一首,かるた,伊勢大輔

(読み下し)
(四)けふ九重に(結)にほひぬる哉

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,伊勢大輔 百人一首,かるた,伊勢大輔

(読み下し)
(四)けふ九重に(結)匂ひぬるかな(「に」がかすれている)

inserted by FC2 system