表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 60番歌 大江山いく野の道の遠ければ… 小式部内侍


60番歌 大江山いく野の道の遠ければ… 小式部内侍

大江山いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立
【歴史的仮名遣い】
おほえやま いくののみちの とほければ まだふみもみず あまのはしだて
【現代仮名遣い】
おおえやま いくののみちの とおければ まだふみもみず あまのはしだて
【出典】金葉集 雑

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,小式部内侍 百人一首,かるた,小式部内侍

(読み下し)
(初)大江山(二)いくの(の)みちは(三)とふけれど(四)また文もみず(結)あまのはし立


【取り札】
百人一首,かるた,小式部内侍 百人一首,かるた,小式部内侍

(読み下し)
(四)またふみも見ぬ(ず)(結)あまのはし立

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,小式部内侍 百人一首,かるた,小式部内侍

(読み下し)
(初)大江山(二)いくのゝ道の(三)遠けれは


【取り札】
百人一首,かるた,小式部内侍 百人一首,かるた,小式部内侍

(読み下し)
(四)またふみも見ぬ(ず)(結)あまのはし立

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,小式部内侍 百人一首,かるた,小式部内侍

(読み下し)
(四)また文もみぬす(結)天の橋立

inserted by FC2 system