表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 59番歌 やすらはで寝なましものをさ夜更けて… 赤染衛門


59番歌 やすらはで寝なましものをさ夜更けて… 赤染衛門

やすらはで寝なましものをさ夜更けて かたぶくまでの月を見しかな
【歴史的仮名遣い】
やすらはで ねなましものを さよふけて かたぶくまでの つきをみしかな
【現代仮名遣い】
やすらはで ねなましものを さよふけて かたぶくまでの つきをみしかな
【出典】後拾遺集 恋

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,赤染衛門 百人一首,かるた,赤染衛門

(読み下し)
(初)やすらはて(二)ねなましものを(三)小夜ふけて(四)かたぶくまての(結)月を見しかな


【取り札】
百人一首,かるた,赤染衛門 百人一首,かるた,赤染衛門

(読み下し)
(四)かたふくまての(結)月をみしかな

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,赤染衛門 百人一首,かるた,赤染衛門

(読み下し)
(初)休らはて(二)ねなましものを(三)さよ更て


【取り札】
百人一首,かるた,赤染衛門 百人一首,かるた,赤染衛門

(読み下し)
(四)かたふくまての(結)月をみし哉

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,赤染衛門 百人一首,かるた,赤染衛門

(読み下し)
(四)かたふくまての(結)月をみしかな

inserted by FC2 system