表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 57番歌 めぐりあひて見しやそれとも分かぬまに… 紫式部


57番歌 めぐりあひて見しやそれとも分かぬまに… 紫式部

めぐりあひて見しやそれとも分かぬまに 雲がくれにし夜半の月かな
【歴史的仮名遣い】
めぐりあひて みしやそれとも わかぬまに くもがくれにし よはのつきかな
【現代仮名遣い】
めぐりあいて みしやそれとも わかぬまに くもがくれにし よわのつきかな
【出典】新古今集 雑

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,紫式部 百人一首,かるた,紫式部

(読み下し)
(初)めくり合て(二)みしやそれとも(三)わかぬまに(四)雲かくれにし(結)夜半の月かな


【取り札】
百人一首,かるた,紫式部 百人一首,かるた,紫式部

(読み下し)
(四)雲かくれにし(結)夜半の月かな

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,紫式部 百人一首,かるた,紫式部

(読み下し)
(初)廻り逢て(二)見しや夫共(三)分ぬ間に


【取り札】
百人一首,かるた,紫式部 百人一首,かるた,紫式部

(読み下し)
(四)雲かくれにし(結)夜半の月哉

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,紫式部 百人一首,かるた,紫式部

(読み下し)
(四)雲かくれにし(結)夜半の月かな

inserted by FC2 system