表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 52番歌 明けぬれば暮るるものとは知りながら… 藤原道信朝臣


52番歌 明けぬれば暮るるものとは知りながら… 藤原道信朝臣

明けぬれば暮るるものとは知りながら なほうらめしき朝ぼらけかな
【歴史的仮名遣い】
あけぬれば くるるものとは しりながら なほうらめしき あさぼらけかな
【現代仮名遣い】
あけぬれば くるるものとは しりながら なおうらめしき あさぼらけかな
【出典】後拾遺集 恋

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,藤原道信朝臣 百人一首,かるた,藤原道信朝臣

(読み下し)
(初)明ぬれは(二)くるゝものとは(三)しりなから(四)猶うらめしき(結)朝ぼらけかな


【取り札】
百人一首,かるた,藤原道信朝臣 百人一首,かるた,藤原道信朝臣

(読み下し)
(四)猶うらめしき(結)あさほらけ哉

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,藤原道信朝臣 百人一首,かるた,藤原道信朝臣

(読み下し)
(初)明ぬれは(二)くるゝ物とは(三)知なから


【取り札】
百人一首,かるた,藤原道信朝臣 百人一首,かるた,藤原道信朝臣

(読み下し)
(四)猶うらめしき(結)あさほらけ哉

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,藤原道信朝臣 百人一首,かるた,藤原道信朝臣

(読み下し)
(四)猶うらめしき(結)朝ほらけかな

inserted by FC2 system