表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 49番歌 みかきもり衛士のたく火の夜は燃え… 大中臣能宣


49番歌 みかきもり衛士のたく火の夜は燃え… 大中臣能宣

みかきもり衛士のたく火の夜は燃え 昼は消えつつ物をこそ思へ
【歴史的仮名遣い】
みかきもり ゑじのたくひの よるはもえ ひるはきえつつ ものをこそおもへ
【現代仮名遣い】
みかきもり えじのたくひの よるはもえ ひるはきえつつ ものをこそおもえ
【出典】詞花集 恋

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,大中臣能宣 百人一首,かるた,大中臣能宣

(読み下し)
(初)御垣守り(二)衛士のたく火の(三)よはもえて(四)ひるは消えつゝ(結)ものをこそおもへ


【取り札】
百人一首,かるた,大中臣能宣 百人一首,かるた,大中臣能宣

(読み下し)
(四)ひるはきえつゝ(結)ものをこそおもへ

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,大中臣能宣 百人一首,かるた,大中臣能宣

(読み下し)
(初)みかき守(二)衛士のたく火の(三)夜もえて


【取り札】
百人一首,かるた,大中臣能宣 百人一首,かるた,大中臣能宣

(読み下し)
(四)ひるはきへつゝ(結)物をこそ思へ

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,大中臣能宣 百人一首,かるた,大中臣能宣

(読み下し)
(四)ひるは消えつゝ(結)物をこそおもへ

inserted by FC2 system