表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 45番歌 あはれともいふべき人は思ほえで… 謙徳公


45番歌 あはれともいふべき人は思ほえで… 謙徳公

あはれともいふべき人は思ほえで 身のいたづらになりぬべきかな
【歴史的仮名遣い】
あはれとも いふべきひとは おもほえで みのいたづらに なりぬべきかな
【現代仮名遣い】
あわれとも いうべきひとは おもほえで みのいたずらに なりぬべきかな
【出典】拾遺集 恋

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,謙徳公 百人一首,かるた,謙徳公

(読み下し)
(初)あはれとも(二)いふべき人は(三)おもほへて(四)身のいたつらに(結)なりぬべきかな


【取り札】
百人一首,かるた,謙徳公 百人一首,かるた,謙徳公

(読み下し)
(四)身のいたつらに(結)なりぬへきかな

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,謙徳公 百人一首,かるた,謙徳公

(読み下し)
(初)哀とも(二)いふへき人は(三)思ほして


【取り札】
百人一首,かるた,謙徳公 百人一首,かるた,謙徳公

(読み下し)
(四)みの徒に(結)なりぬへき哉

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,謙徳公 百人一首,かるた,謙徳公

(読み下し)
(四)身の徒に(結)ならぬへきかな

inserted by FC2 system