表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 44番歌 あふことのたえてしなくはなかなかに… 中納言朝忠


44番歌 あふことのたえてしなくはなかなかに… 中納言朝忠

あふことのたえてしなくはなかなかに 人をも身をも恨みざらまし
【歴史的仮名遣い】
あふことの たえてしなくは なかなかに ひとをもみをも うらみざらまし
【現代仮名遣い】
あうことの たえてしなくは なかなかに ひとをもみをも うらみざらまし
【出典】拾遺集 恋

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,中納言朝忠 百人一首,かるた,中納言朝忠

(読み下し)
(初)逢ふ事の(二)たえてしなくは(三)なか〓〓に(四)人をもみをも(結)うらみざらまし


【取り札】
百人一首,かるた,中納言朝忠 百人一首,かるた,中納言朝忠

(読み下し)
(四)人をもみをも(結)うらみさらまし

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,中納言朝忠 百人一首,かるた,中納言朝忠

(読み下し)
(初)あふ事の(二)絶てしなくは(三)中々に


【取り札】
百人一首,かるた,中納言朝忠 百人一首,かるた,中納言朝忠

(読み下し)
(四)人をもみをも(結)うらみさらまし

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,中納言朝忠 百人一首,かるた,中納言朝忠

(読み下し)
(四)人をもみをも(結)恨さらまし

inserted by FC2 system