表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 43番歌 あひ見てののちの心にくらぶれば… 権中納言敦忠


43番歌 あひ見てののちの心にくらぶれば… 権中納言敦忠

あひ見てののちの心にくらぶれば 昔は物を思はざりけり
【歴史的仮名遣い】
あひみての のちのこころに くらぶれば むかしはものを おもはざりけり
【現代仮名遣い】
あいみての のちのこころに くらぶれば むかしはものを おもわざりけり
【出典】拾遺集 恋

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,権中納言敦忠 百人一首,かるた,権中納言敦忠

(読み下し)
(初)あひ見ての(二)後の心に(三)くらふれは(四)むかしはものを(結)おもはさりけり


【取り札】
百人一首,かるた,権中納言敦忠 百人一首,かるた,権中納言敦忠

(読み下し)
(四)むかしはものを(結)おもはさりけり

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,権中納言敦忠 百人一首,かるた,権中納言敦忠

(読み下し)
(初)逢みての(二)後の心に(三)くらふれは


【取り札】
百人一首,かるた,権中納言敦忠 百人一首,かるた,権中納言敦忠

(読み下し)
(四)昔はものを(結)思はさりけり

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,権中納言敦忠 百人一首,かるた,権中納言敦忠

(読み下し)
(四)むかしはものを(結)思はさりけり

inserted by FC2 system