表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 37番歌 白露に風の吹きしく秋の野は… 文屋朝康


37番歌 白露に風の吹きしく秋の野は… 文屋朝康

白露に風の吹きしく秋の野は つらぬきとめぬ玉ぞ散りける
【歴史的仮名遣い】
しらつゆに かぜのふきしく あきののは つらぬきとめぬ たまぞちりける
【現代仮名遣い】
しらつゆに かぜのふきしく あきののは つらぬきとめぬ たまぞちりける
【出典】後撰集 四季(秋)

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,文屋朝康 百人一首,かるた,文屋朝康

(読み下し)
(初)白露に(二)風の吹しく(三)秋の野は(四)つらぬきとめぬ(結)玉そちりける


【取り札】
百人一首,かるた,文屋朝康 百人一首,かるた,文屋朝康

(読み下し)
(四)つらぬきとめぬ(結)玉そちりける

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,文屋朝康 百人一首,かるた,文屋朝康

(読み下し)
(初)しら露に(二)風の吹しく(三)秋のゝは


【取り札】
百人一首,かるた,文屋朝康 百人一首,かるた,文屋朝康

(読み下し)
(四)貫きとめぬ(結)玉そちりける

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,文屋朝康 百人一首,かるた,文屋朝康

(読み下し)
(四)つらぬきとめぬ(結)玉そちりける

inserted by FC2 system