表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 36番歌 夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを… 清原深養父


36番歌 夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを… 清原深養父

夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを 雲のいづこに月やどるらむ
【歴史的仮名遣い】
なつのよは まだよひながら あけぬるを くものいづこに つきやどるらむ
【現代仮名遣い】
なつのよは まだよいながら あけぬるを くものいずこに つきやどるらん
【出典】古今集 四季(夏)

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,清原深養父 百人一首,かるた,清原深養父

(読み下し)
(初)夏の夜は(二)また宵なから(三)明ぬるを(四)雲のいつこに(結)月宿るらむ


【取り札】
百人一首,かるた,清原深養父 百人一首,かるた,清原深養父

(読み下し)
(四)雲のいつくに(結)月やとるらむ

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,清原深養父 百人一首,かるた,清原深養父

(読み下し)
(初)夏のよは(二)また宵なから(三)明ぬるを


【取り札】
百人一首,かるた,清原深養父 百人一首,かるた,清原深養父

(読み下し)
(四)くもの何こに(結)月宿る覧

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,清原深養父 百人一首,かるた,清原深養父

(読み下し)
(四)雲のいつこに(結)月やとるらん

inserted by FC2 system