表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 35番歌 人はいさ心も知らずふるさとは… 紀貫之


35番歌 人はいさ心も知らずふるさとは… 紀貫之

人はいさ心も知らずふるさとは 花ぞ昔の香に匂ひける
【歴史的仮名遣い】
ひとはいさ こころもしらず ふるさとは はなぞむかしの かににほひける
【現代仮名遣い】
ひとわいさ こころもしらず ふるさとは はなぞむかしの かににおいける
【出典】古今集 四季(春)

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,紀貫之 百人一首,かるた,紀貫之

(読み下し)
(初)人はいざ(二)心もしらぬ(三)ふるさとは(四)花そむかしの(結)香に匂ひける


【取り札】
百人一首,かるた,紀貫之 百人一首,かるた,紀貫之

(読み下し)
(四)花そむかしの(結)香に匂ひける

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,紀貫之 百人一首,かるた,紀貫之

(読み下し)
(初)人はいさ(二)心もしらす(三)古さとは


【取り札】
百人一首,かるた,紀貫之 百人一首,かるた,紀貫之

(読み下し)
(四)花そ昔の(結)かに匂ひける

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,紀貫之 百人一首,かるた,紀貫之

(読み下し)
(四)花そ昔の(結)香ににほへける

inserted by FC2 system