表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 33番歌 ひさかたの光のどけき春の日に… 紀友則


33番歌 ひさかたの光のどけき春の日に… 紀友則

ひさかたの光のどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ
【歴史的仮名遣い】
ひさかたの ひかりのどけき はるのひに しづごころなく はなのちるらむ
【現代仮名遣い】
ひさかたの ひかりのどけき はるのひに しずごころなく はなのちるらん
【出典】古今集 四季(春)

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,紀友則 百人一首,かるた,紀友則

(読み下し)
(初)久かたの(二)ひかりのどけき(三)春の日に(四)しづ心なく(結)はなの散るらむ


【取り札】
百人一首,かるた,紀友則 百人一首,かるた,紀友則

(読み下し)
(四)しつこゝろなく(結)花のちるらん

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,紀友則 百人一首,かるた,紀友則

(読み下し)
(初)久かたの(二)光りのとけき(三)春の日に


【取り札】
百人一首,かるた,紀友則 百人一首,かるた,紀友則

(読み下し)
(四)しつ心なく(結)はなのちる覧

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,紀友則 百人一首,かるた,紀友則

(読み下し)
(四)しつ心なく(結)花のちるらん

inserted by FC2 system