表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 31番歌 朝ぼらけありあけの月と見るまでに… 坂上是則


31番歌 朝ぼらけありあけの月と見るまでに… 坂上是則

朝ぼらけありあけの月と見るまでに 吉野の里に降れる白雪
【歴史的仮名遣い】
あさぼらけ ありあけのつきと みるまでに よしののさとに ふれるしらゆき
【現代仮名遣い】
あさぼらけ ありあけのつきと みるまでに よしののさとに ふれるしらゆき
【出典】古今集 四季(冬)

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,坂上是則 百人一首,かるた,坂上是則

(読み下し)
(初)朝ぼらけ(二)有明の月と(三)見るまてに(四)よしのゝ里に(結)ふれるしらゆき


【取り札】
百人一首,かるた,坂上是則 百人一首,かるた,坂上是則

(読み下し)
(四)よしのゝさとに(結)ふれるしらゆき

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,坂上是則 百人一首,かるた,坂上是則

(読み下し)
(初)朝ほらけ(二)在明の月と(三)見る迄に


【取り札】
百人一首,かるた,坂上是則 百人一首,かるた,坂上是則

(読み下し)
(四)吉野のさとに(結)ふれるしら雪

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,坂上是則 百人一首,かるた,坂上是則

(読み下し)
(四)よしのゝ里に(結)ふれる白雪

inserted by FC2 system