表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 23番歌 月みれば千々に物こそ悲しけれ… 大江千里


23番歌 月みれば千々に物こそ悲しけれ… 大江千里

月みれば千々に物こそ悲しけれ 我が身ひとつの秋にはあらねど
【歴史的仮名遣い】
つきみれば ちぢにものこそ かなしけれ わがみひとつの あきにはあらねど
【現代仮名遣い】
つきみれば ちぢにものこそ かなしけれ わがみひとつの あきにはあらねど
【出典】古今集 四季(秋)

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,大江千里 百人一首,かるた,大江千里

(読み下し)
(初)月見れは(二)ちゞにものこそ(三)かなしけれ(四)わがみひとつの(結)秋にはあらねと


【取り札】
百人一首,かるた,大江千里 百人一首,かるた,大江千里

(読み下し)
(四)我身ひとつの(結)秋にはあらねと

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,大江千里 百人一首,かるた,大江千里

(読み下し)
(初)月みれは(二)ちゝに物こそ(三)かなしけれ


【取り札】
百人一首,かるた,大江千里 百人一首,かるた,大江千里

(読み下し)
(四)我みひとつの(結)秋にはあらねと

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,大江千里 百人一首,かるた,大江千里

(読み下し)
(四)我身一の(結)秋にはあらねと

inserted by FC2 system