表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 22番歌 吹くからに秋の草木のしをるれば… 文屋康秀


22番歌 吹くからに秋の草木のしをるれば… 文屋康秀

吹くからに秋の草木のしをるれば むべ山風を嵐といふらむ
【歴史的仮名遣い】
ふくからに あきのくさきの しをるれば むべやまかぜを あらしといふらむ
【現代仮名遣い】
ふくからに あきのくさきの しおるれば むべやまかぜを あらしというらん
【出典】古今集 四季(秋)

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,文屋康秀 百人一首,かるた,文屋康秀

(読み下し)
(初)吹からに(二)秋の草木の(三)しをるれは(四)むべ山風を(結)あらしといふらむ


【取り札】
百人一首,かるた,文屋康秀 百人一首,かるた,文屋康秀

(読み下し)
(四)う(む)へ山風を(結)あらしといふらん

肉筆の百人一首かるた

【読み札】

(読み札欠)


【取り札】
百人一首,かるた,文屋康秀 百人一首,かるた,文屋康秀

(読み下し)
(四)むへ山風を(結)あらしといふ覧

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,文屋康秀 百人一首,かるた,文屋康秀

(読み下し)
(四)むへ山風を(結)嵐といふらん

inserted by FC2 system