表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 21番歌 今こむと言ひしばかりに長月の… 素性法師


21番歌 今こむと言ひしばかりに長月の… 素性法師

今こむと言ひしばかりに長月の 有明の月を待ちいでつるかな
【歴史的仮名遣い】
いまこむと いひしばかりに ながつきの ありあけのつきを まちいでつるかな
【現代仮名遣い】
いまこんと いいしばかりに ながつきの ありあけのつきを まちいでつるかな
【出典】古今集 恋

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,素性法師 百人一首,かるた,素性法師

(読み下し)
(初)今こむと(二)いひしばかりに(三)長月の(四)有明の月を(結)まち出るかな


【取り札】
百人一首,かるた,素性法師 百人一首,かるた,素性法師

(読み下し)
(四)在明の月を(結)まち出つるかな

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,素性法師 百人一首,かるた,素性法師

(読み下し)
(初)今こんと(二)いひしはかりに(三)長月の


【取り札】
百人一首,かるた,素性法師 百人一首,かるた,素性法師

(読み下し)
(四)在明の月を(結)まち出つる哉

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,素性法師 百人一首,かるた,素性法師

(読み下し)
(四)有明の月を(結)待ちいつるかな

inserted by FC2 system