表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 20番歌 わびぬれば今はた同じ難波なる… 元良親王


20番歌 わびぬれば今はた同じ難波なる… 元良親王

わびぬれば今はた同じ難波なる みをつくしてもあはむとぞ思ふ
【歴史的仮名遣い】
わびぬれば いまはたおなじ なにはなる みをつくしても あはむとぞおもふ
【現代仮名遣い】
わびぬれば いまはたおなじ なにわなる みをつくしても あわんとぞおもう
【出典】後撰集 恋

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,元良親王 百人一首,かるた,元良親王

(読み下し)
(初)わひぬれは(二)いまはたおなし(三)なにはなる(四)身をつくしても(結)あはんとぞおもふ


【取り札】
百人一首,かるた,元良親王 百人一首,かるた,元良親王

(読み下し)
(四)身をつくしても(結)あはんとそおもふ

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,元良親王 百人一首,かるた,元良親王

(読み下し)
(初)侘ぬれは(二)今はたをなし(三)難波なる


【取り札】
百人一首,かるた,元良親王 百人一首,かるた,元良親王

(読み下し)
(四)みを尽しても(結)逢んとそ思ふ

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,元良親王 百人一首,かるた,元良親王

(読み下し)
(四)身を尽しても(結)あはむとそ思ふ

inserted by FC2 system