表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 18番歌 住の江の岸による波よるさへや… 藤原敏行朝臣


18番歌 住の江の岸による波よるさへや… 藤原敏行朝臣

住の江の岸による波よるさへや 夢の通ひ路人めよくらむ
【歴史的仮名遣い】
すみのえの きしによるなみ よるさへや ゆめのかよひぢ ひとめよくらむ
【現代仮名遣い】
すみのえの きしによるなみ よるさえや ゆめのかよいじ ひとめよくらん
【出典】古今集 恋

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,藤原敏行朝臣 百人一首,かるた,藤原敏行朝臣

(読み下し)
(初)住の江の(二)きしによる浪(三)よるさへや(四)夢のかよひぢ(結)ひとめよくらん


【取り札】
百人一首,かるた,藤原敏行朝臣 百人一首,かるた,藤原敏行朝臣

(読み下し)
(四)夢のかよひち(結)人めよくらむ

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,藤原敏行朝臣 百人一首,かるた,藤原敏行朝臣

(読み下し)
(初)住のへの(二)岸による波(三)夜さへや


【取り札】
百人一首,かるた,藤原敏行朝臣 百人一首,かるた,藤原敏行朝臣

(読み下し)
(四)夢の通ち(結)人めよく覧

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,藤原敏行朝臣 百人一首,かるた,藤原敏行朝臣

(読み下し)
(四)夢のかよひち(結)人めよくらん

inserted by FC2 system