表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 6番歌 かささぎの渡せる橋におく霜の… 中納言家持


6番歌 かささぎの渡せる橋におく霜の… 中納言家持

かささぎの渡せる橋におく霜の 白きを見れば夜ぞふけにける
【歴史的仮名遣い】
かささぎの わたせるはしに おくしもの しろきをみれば よぞふけにける
【現代仮名遣い】
かささぎの わたせるはしに おくしもの しろきをみれば よぞふけにける
【出典】新古今集 四季(冬)

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,中納言家持 百人一首,かるた,中納言家持

(読み下し)
(初)かさゝぎの(二)わたせるはしに(三)おく霜の(四)しろきをみれは(結)夜そ更けにける


【取り札】
百人一首,かるた,中納言家持 百人一首,かるた,中納言家持

(読み下し)
(四)しろきをみれは(結)夜そ更にける

肉筆の百人一首かるた

【読み札】

(読み札欠)


【取り札】
百人一首,かるた,中納言家持 百人一首,かるた,中納言家持

(読み下し)
(四)白きを見れは(結)よそ更にける

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,中納言家持 百人一首,かるた,中納言家持

(読み下し)
(四)しろきを見れは(結)夜そふけにける(「る」が欠けている)

inserted by FC2 system