表紙 > 百人一首をくずし字で読む > 5番歌 奥山にもみぢ踏み分け鳴く鹿の… 猿丸大夫


5番歌 奥山にもみぢ踏み分け鳴く鹿の… 猿丸大夫

奥山にもみぢ踏み分け鳴く鹿の 声聞く時ぞ秋は悲しき
【歴史的仮名遣い】
おくやまに もみぢふみわけ なくしかの こゑきくときぞ あきはかなしき
【現代仮名遣い】
おくやまに もみぢふみわけ なくしかの こゑきくときぞあきはかなしき
【出典】古今集 四季(秋)

明治時代の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,猿丸大夫 百人一首,かるた,猿丸大夫

(読み下し)
(初)おく山に(二)もみぢふみわけ(三)なく鹿の(四)声きくときそ(結)秋はかなしき


【取り札】
百人一首,かるた,猿丸大夫 百人一首,かるた,猿丸大夫

(読み下し)
(四)声きく時そ(結)秋はかなしき

肉筆の百人一首かるた

【読み札】
百人一首,かるた,猿丸大夫 百人一首,かるた,猿丸大夫

(読み下し)
(初)おく山に(二)もみちふみ分(三)鳴しかの


【取り札】
百人一首,かるた,猿丸大夫 百人一首,かるた,猿丸大夫

(読み下し)
(四)こゑきく時そ(結)秋はかな敷

北海道の下の句かるた

【取り札】
百人一首,かるた,猿丸大夫 百人一首,かるた,猿丸大夫

(読み下し)
(四)こゑきく時そ(結)秋はかなしき

inserted by FC2 system